短期売買はドル円中心です

FXの通貨ペアでは、世界で一番取引の多いのはユーロドル、次いでドル円であると聞きます。
私は、短期売買はドル円を中心とし、長期売買はいわゆるクロス円を中心としています。

 

世界の為替市場はドルを中心としており、売買もドルを基準としたものになっています。
ですから、各通貨の値動きも、対ドルでのものが取引量を反映して分かりやすいものとなっており、各通貨と円のいわるゆクロス円は、ドル円の動きとの合成された動きとなるため、しばしば急落、急上昇があり、分かりにくいものとなりがちだと思います。

 

短期売買でドル円を扱うのは、やはり、私のこれまでの経験、知識、関心の中心が圧倒的に日米を中心としたものであるからです。
経済、政治をはじめ、通貨に影響する情報については、日米のものに関心を強く持っているので、ドル円の値動きについても違和感を感じることは殆どありません。
短期売買を行う場合には、やはり、値動きの分析や予測を理屈抜きに感覚的に行えることが重要だと思います。

 

長期売買で、あえて値動きの変則的なクロス円を中心としているのは、私の長期売買は、長期的に予想される円の減価に対するヘッジの意味が含まれるからです。
歴史的に見て、これほど円の価値が高いのは、現在の私たちには幸運なことでしょうが、長くは続かないと思います。
資産や収入の殆どが円ベースである私たちは、それに対する備えが必要と思います。