時間軸でトレードする

私のFXのテクニックの1つに時間軸でトレードする、というものがあります。
FXは24時間、取引ができます。それは世界中のどこかでマーケットがオープンしているからです。

 

朝はオーストラリア、ニュージーランド、そして、東京、香港、シンガポールなどが続きます。
午後は中東、そして夕方からは欧州のスタートです。
夜は9時半から米国がスタートします。このそれぞれの国でのスタート時間に為替の流れが大きく変わることが少なくありません。
その流れに乗れれば、意外とリズムよくFXの取引ができます。

 

スタート時間と合わせて、各国の統計発表なども時間軸トレードのポイントです。
統計である程度、為替が乱高下しますので、そのタイミングで上か下かを決めることもできます。

 

私が特に注目しているのは、午後5時半から6時ごろの時間帯です。
この時間は欧州の統計などが発表されるので、それまで円安だったのに、急に円高になったり、その逆になることもあります。
深夜のニューヨーク時間でも為替は動きますが、私自身が睡眠中なので、トレードは指値でもしない限りはできません。

 

しかし、夕方であれば、食事の準備をしながら、パソコン画面をチェックすることができるので、チャンスがあれば、取引します。