機械的にトレードするFXテクニック

FXで一儲けしようと考えて口座を開設したにもかかわらず、損切りばかり繰り返して証拠金を大きく減らしている方も多いようです。
確かに何もわからない状態でポジションを持っても上手に儲けることは難しいですから、ある程度FXに関する知識を入手してからトレードを行ったほうが良いでしょう。

 

またそれと同時に、FXに関するトレードテクニックを探すのも有効です。
例えばインターネットで検索すれば色々なテクニックが見つかり、条件を変えていくことで利益を最大化することができるものもあります。

 

例えば最近インターネットで見つけたテクニックは、日付が変わる日本時間の0時を境にポジションを持つというものです。
1時間前の23時時点のローソク足が陰線であれば、0時になった時点で売りポジションを持つようにします。つまり順張りのトレードです。
逆に23時のローソク足が陽線なら、0時には買いポジションを持つのです。

 

利益確定はそれぞれ好みで行えば良いのですが、検証結果によるとかなりの勝率を実現できているようです。
こうした機械的なトレードであれば、損切りも利益確定も淡々と実行することができます。
相場で負ける要因でもある、精神的な弱さに悩まされることもなくすことができるのです。
裁量でポジションを持ってもうまくいかないという方は、ぜひ参考にしてみてください。