1998年市場開放により、外為法改正

1998年4月に市場開放の流れで、外為法が改正されました。
それまでは一部の金融機関でしか為替取引ができませんでしたが、ここで個人でも法人でも原則として自由に外貨取引ができるようになりました。
これを契機として商品化されたのがFX取引です。

 

FX業者を通じて取引をしますが、日本で最初に立ち上げたのがダイワフューチャーズの尾関高です。
また、外国為替証拠金取引の名づけ親であるのが、山本久敏でした。
商品化された当初は、FX業者に対する規制がなかったこともあり、悪質な仮装売買、高レバレッジの投機的手法、等のトラブルがありました。
そのことから、しだいに業者規制が増えていくことになります。

 

2005年7月に改正金融先物取引法が施行、一定の自己資本や社内体制を満たしていることが要件となり、認可のない事業者は2006年1月以降、業務を中止することになりました。
具体的には、業者は登録制であり、金融庁の監督下に置かれるということになりました。
執拗な勧誘の禁止、手数料やリスクの表示義務、書面の交付義務、と規制ができています。

 

さらには、2010年2月にFX業者の信託保全が義務化され、過当投機の防止として8月に最大50倍にレバレッジ規制、2011年には25倍にレバレッジ規制されました。
そうして、だんだんと健全な市場としての基盤が整いつつありますが、年ごとにルールが変わるような新しい金融商品であるともいえます。

 

まずFX初心者におすすめの取引を知ろう!

 

FX初心者に大事なことですが、まずはできるだけ少額からはじめることです。最近では1000通貨で取引できるところが多くなっています。さらに100通貨、10通貨で取引できるところもでてきているので是非少額からはじめて値動き、システムの感触等を掴むとよいでしょう。

 

しかしながら不思議なことに初心者の勝率は大変よいそうです。FX取引は勝つときは大きいので、皆さんこれならいける思い沢山のポジションをもってしまい口座をパンクさせてしまうことが多いようです。ポジションを沢山もつのは危険ですから、絶対に気をつけるべきです。

 

資金管理が一番大切ですから、とにかく資金は余裕をもたせて取引するとよいでしょう。

 

そして初心者におすすめは豪ドル/円です。毎日のスワップ取得目的で長期で保有するのもよいですし、経済指標に比較的単純に連動するため動きがわかりやすいです。金利や失業率に関しての指標を注意しておくとよいでしょう。

 

王道のドル/円もおすすめです。何しろ情報量が沢山あります。変動率も小さいためポンド等の変動が大きい通貨に比べ、比較的安全といえるでしょう。

 

・初心者におすすめのサイト
FXの情報源チャートの分析
チャートを分析して勝率アップ!

 

今大注目のFXのシステムトレードを紹介
システムトレード(自動売買)の徹底比較!あなたに合ったシステムトレードが見つかる。

 

長期FXトレードに重要なスワップで比較
高スワップポイントはどこのFX会社?そんな疑問はこのサイトで一発解決!

 

地方公共団体金融機構
債権をお求めの方に。

いろいろな方法を使い分けてトレードしましょう

FXの取引をするにおいて多くの人がどのような方法でトレードをすると利益を出すことができるのかということを議論することが多いですが、それは人によって違ってくるので、どの方法がいいかということを決めることはできません。

 

そして私も時間がある時にFXのトレードをしていますが、私はいろいろな方法を使い分けています。なぜそのような形で取引をしているのかというと相場や自分の取引する環境はいろいろ違うので、その時に適した方法でトレードしたほうがうまくいくと感じるからです。

 

そこで私はどのような形でトレードしているのかというとまず空き時間などあまり時間がない場合はスキャルピングの方法で取引をしています。この方法であればチャートで相場をすぐに判断することができるからです。
またある程度時間があって相場を見ることができる場合はデイトレードの方法で取引をしています。
さらに月に3回程度、1週間程度の期間を目安にスイングトレードを行っています。

 

FXのレバレッジ規制について

日本ではFXのレバレッジは25倍までに規制されています。
規制が入る前には100倍というような高倍率のレバレッジは普通に可能でしたが、またどこかで見たような理由をつけて規制が入ることになってしまいました。レバレッジの25倍が高いか低いかは個人によって考え方に違いがあるでしょうが、実際にいまだに海外のFX業者では100倍はおろか1000倍というようなレバレッジが可能な業者もあります。

 

そして、海外の業者とは言っていも、インターネットがこれまで普及してしまった世界では海外のFX業者が特別に取引しにくいというわけではありません。もちろん海外の業者は日本の法律が適用されませんから不安な人は取引しないのが賢明です。日本の公的な許可を持っている業者はそれだけでかなり安心して取引できることは間違いありません。

 

しかし、海外の業者であっても優良な業者はもちろんありますから、レバレッジなどで日本では飽き足らない人にとっては海外の業者はエキサイティングかもしれません。